リオ五輪U23|精神論に逃げるな

さてさて。

前回のエントリー五輪U23ナイジェリア戦|戦評|において、次戦以降のポイントは、

ポイントは監督の戦略・人選である。
メンタルやコンディションを敗戦の理由にしないでもらいたい。

と結んだが、早速、手倉森監督が精神論を唱えているらしい。

 

以下の記事である。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160807-01630089-gekisaka-socc

一部引用

4日に行われた初戦ナイジェリア戦で4-5の黒星を喫しており、敗れれば即グループリーグ敗退が決まる崖っぷちの状況で迎えるコロンビア戦。5失点と崩壊した守備だが、指揮官は「大きく変えなければいけない問題でもない」と語ると、選手個人のミスも「メンタルから来るものだと分析」しており、ポイントとなるのは「気持ちだろうと思っているし、簡単に言えばビビるなということ」と話した。

 

「簡単に言えばビビるな」か。。。

たぶんこんなことを言うんだろうなあとは思っていたので、予想を込めて前回の結びに皮肉を交えたのだけれども、予想通りすぎて、半ばあきれているところだ。

この分だと希望は持てそうにないなあ。。。


日本ブログ村登録中につき、応援クリックいただけるとありがたいです。
にほんブログ村 サッカーブログ サッカー論へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。